教育課程編成・実施の方針

建築学科(昼)

教育目的

建築の仕事は設計(意匠、構造、設備)・施工・積算など多種多様な業種で成り立っており、必要な資格も多岐にわたる。そのどれが不足してもよい建築は生まれない。建築物を造るということはすべての仕事を理解し、その一翼を担うことである。そのうえで新しい技術や課題に対応でき、実践的かつ専門的な知識および技術を有する創造的な人材が建築業界では求められている。
本学科は建築に対する興味や技術的関心,倫理観や向上心と自立心に支えられた建築技術者を育成するため、講義をはじめ、材料実験・実習・設計演習・卒業設計などのカリキュラム編成に加え、早期からインターンシップ、オープンデスク等による密接な企業連携を図り、的確な卒業後の進路選定ができる環境を充実させ、ミスマッチのない進路決定を目指す。

取得資格又は取得目標資格の支援体制

本学科は設計と施工をバランスよく学ぶことができ、在学中に設計希望は福祉住環境コーディネーター、建築CAD検定、カラーコーディネーター、宅地建物取引士、建築積算士補の資格取得を目標とし、施工希望は二級建築施工管理技士学科試験、建築CAD検定、建築積算士補の合格を目標とする。また、本学科は卒業と同時に二級建築士の受験資格が得られる。 卒業後、働きながら試験に挑むことも可能であるが、専科2級建築士科に内部進学し、学科試験・製図試験にむけて、より専念できる支援体制を整えている。


建築CGデザイン学科

教育目的

人間の生活空間を作り上げる建築は、設計分野と施工分野に大別されるが現代の設計分野に求められている人材のひとつに、設計意図の構築と図面表現をCADデータを元にしてBIM活用ができる者が挙げられる。さらにパースを駆使し現状と計画がラップしたプレゼンテーションをデジタル表現できる者なども挙げられる。
本学科は、建築の基礎知識を固めCG演習・プレゼンテーション・住宅設計・インテリアコーディネートなどの授業により住宅・非住宅問わず建物内外のデザインを掘り下げ、その計画力と表現力を磨くことを目標としている。さらに企画立案段階よりアナログ・デジタル両面から多角的な視野を持ち、将来はBIMオペレーターに留まらずBIMマネージャーを目指した人材育成を展開する。

取得資格又は取得目標資格の支援体制

在籍2年間に、建築CAD検定・パース検定・商業施設士補・インテリア設計士・福祉住環境コーディネーター・カラーコーディネーターの資格取得を自らの進路目標に合わせて選択し挑戦する。また、本学科は卒業と同時に二級建築士の受験資格が得られる。
卒業後、働きながら試験に挑むことも可能であるが、専科2級建築士科に内部進学し、学科試験・製図試験にむけて、より専念できる支援体制を整えている。


空間デザイン学科

教育目的

空間デザインの仕事は建築のなかでも最も身体に近いインテリアからはじまり、建築そのものやエクステリア、装飾や舞台美術など広範囲が対象となる。そのため建築だけではなく材料・照明・色彩などの豊富な知識とデザイン技術、それを表現し他者に伝える力が必要とされる。またこの分野では時代に応じて常に新しいデザインが求められ、そのためにはトレンドに興味を持つことと共に、その背景となる歴史への視点が必要となる。
本学科では、店舗施設などの商業空間、ミュージアムなどの公共空間、住宅などの住空間などについて、必要とされる要件を整理してデザインを行なう技術と、それを効果的に伝えるためのプレゼンテーション技術を習得する。

取得資格又は取得目標資格の支援体制

在籍2年間に希望する進路分野にあわせて商業施設士・インテリア設計士・カラーコーディネーター・パース検定の資格取得を目標とする。また本学科は卒業と同時に二級建築士の受験資格が得られる。
卒業後、働きながら試験に挑むことも可能であるが、専科2級建築士科に内部進学し、学科試験・製図試験にむけて、より専念できる支援体制を整えている。


住環境リノベーション学科

教育目的

現場管理技術者は、建設業務の内容の理解(発注・積算・見積もり・官庁署等提出書類作成)、設計者との打ち合わせ(施工図・工程表・安全書類)等現場での業務が要求される。
そのためには、建設技術者としての倫理教育を取り入れ、必要な業務内容を理解することで管理技術者を養成し、即戦力の人材育成を目指す。

取得資格又は取得目標資格の支援体制

建築施工に必要な資格を厳選し、2級建築施工管理技士試験(学科)は在学中に受験し100%合格を目指す。そのための授業として、建築施工・建築総論Ⅰ・Ⅱ・建築特論・ワークショップ等の授業を実施する。また、本学科は卒業と同時に二級建築士の受験資格が得られる。
卒業後、働きながら試験に挑むことも可能であるが、専科2級建築士科に内部進学し、学科試験・製図試験にむけて、より専念できる支援体制を整えている。


土木工学科

教育目的

土木工学とは、英語で「Civil Engineering」つまり「市民のための工学」で、道路や橋梁、トンネル、水道など人々が生活するために必要な構造物を扱う学問であり、社会のインフラ整備を担っています。また、土木の発展は人々の生活に深くかかわるだけでなく、景観の面でも、明石海峡大橋や黒部ダムなど、地域のランドマークや観光名所として親しまれている構造物も数多くみられることから、ランドスケープやデザインの業界からも注目されている。しかし、阪神大震災や東日本大震災、熊本地震などでは、インフラの壊滅が地域の生活に大きな打撃を与えたことから、昨今では災害に強いインフラネットワークが必要とされている。
本学科は、建設事業の管理業務全般について実務主体の専門技術教育を行い、企画、計画、設計、プレゼンテーション並びに現場環境等をいち早く把握し、さまざまな問題に対応できる現場管理者を養成する。また、設計コンサルタントや公務員への就職、大学への編入学も目指す。

取得資格又は取得目標資格の支援体制

現場管理者を養成する観点から2級土木施工管理技術検定(学科)試験の100%合格を目指す。また、職長・安全衛生責任者教育などを受講し、安全管理に対する倫理観を身に付けるだけでなく、「人材教育」の一環として、ビジネス能力検定ジョブパスを活用し、ビジネス知識や社会人のマナーとして必要な基礎・基本を学び、個人で、またチームで働くためのスキルやマインドを定着させます。


建設エンジニア学科

教育目的

建設業は、防災・減災、老朽化対策、耐震化、インフラの維持管理に関し、その果たすべき役割はますます増大している。そういった中で建設業は、全産業を大幅に上回るペースで高齢化が進展しており、将来にわたる若手技術者の確保・育成を中心とした将来の担い手確保が重要な課題となっている。
本学科は、土木分野の中でも施工に特化し、「産学協同」教育で車両系建設機械の技能講習をはじめ特別教育や職長・安全衛生責任者等の安全衛生教育を通じて、「即戦力となる人材」を育成します。
また、「i‐Construction」推進に向けICT(情報通信技術)を用いた「情報化施工」を体験し、建設現場での生産性向上に対応できる技術者を養成する。

取得資格又は取得目標資格の支援体制

課程修了時には、厳選した建設現場で必要な資格(技能講習、特別教育ならびに安全衛生教育)を全て取得できるカリキュラムを編成している。
また、卒業後取得しなければならない2級土木施工管理技術検定試験の内、2年次に受験する学科試験は、100%合格を目指す。更に卒業後2年の実務経験で受験可能な建設機械施工技術検定試験合格の為の教育やドローン操縦技能講習会の受講を推奨し、国土交通省に飛行許可申請を行う際に活用できる操作技能認証の取得をサポートする。


ガーデンデザイン学科

教育目的

緑化造園とは、景観美を追求するだけでなく、人々に安らぎや癒しを与え、快適な生活空間を提供する。そして昨今、世界的な異常気象や環境問題に直面し、人類と地球の未来のために環境保護や緑化推進における幅広い知識を持った造園技術者がこれまで以上に必要とされている。
本学科は、緑化造園分野において高い志のある学生を歓迎し、緑の景観形成を通じて“植物を護り増やし育てる”をキーワードに、民間企業や緑化事業を推進する自治体、また近隣地域とも連携を図った実践教育を大きな柱とし、高度な「環境緑化技術」と「ものづくり」を体得すると共に、マナー教育及びコミュニケーション能力の習得に力を注ぎ、社会が求める技術力、行動力、即戦力を兼ね備えた造園技術者を育成する。
カリキュラムは「ものづくり」の計画から完成に至るまでの一連の工程を実務に即した流れで講義・演習・実習科目を順序立てて構成。職業としての造園理解を目的とし、各科目連携を深め、学ぶ意味と意欲につながる内容とした。授業に於いては、常に学生に発言を求め学生同志の議論を促しPDCAサイクルを基本とした先進、改革、実学の教育を実施し自己点検・自己解決能力を高めることにより、満足感・達成感を得られる充実した学びの場となるよう心掛けている。

取得資格又は取得目標資格の支援体制

2級造園施工管理技士学科試験の資格取得を全学生の必須目標と定める。
合格率100%達成に向け集中的にサポートする特別科目(造園施工特論)を時間割に組み込み、過去10年間の問題を徹底分析解説すると共に、他の講義科目に於いても要所で問題を想定し取得をサポートする支援体制を確立している。
3級造園技能士の資格取得を全学生の必須目標と定め、2級造園技能士の資格取得を全学生に推奨する。
受験生の合格率100%達成に向け教員・卒業生協同で実技・要素・学科試験問題を想定し取得をサポートする支援体制を確立している。


建築学科(夜)

教育目的

建築の仕事は設計(意匠、構造、設備)・施工・積算など多種多様な業種で成り立っており、必要な資格も多岐にわたる。そのどれが不足してもよい建築は生まれない。建築物を造るということはすべての仕事を理解し、その一翼を担うことである。そのうえで新しい技術や課題に対応でき、実践的かつ専門的な知識および技術を有する創造的な人材が建築業界では求められている。
本学科は実務に即応できる中堅建築技術者の養成を教育目的とし、それを達成するため、働きながらでも学べるように夜間講義を行ない、実務に即した基礎理論の上に実務主体教育、基礎教育を徹底させ、応用力・総合力・判断力・表現力を持った技術者を養成する。

取得資格又は取得目標資格の支援体制

本学科は在学中に二級建築施工管理技士学科、福祉住環境コーディネーター、宅地建物取引士、建築積算士補の合格を目指す。また、本学科は卒業と同時に二級建築士の受験資格が得られる。
卒業後、働きながら試験に挑むことも可能であるが、専科2級建築士科に内部進学し、学科試験・製図試験にむけて、より専念できる支援体制を整えている


建築デュアルシステム科

教育目的

建築の仕事においては基礎知識だけではなく、実務経験が必要である。一般的には、学校を卒業して実務経験を積んでいくことが多いが、企業と連携し、学びながら高い技術・実務を身につけることが将来のリーダーにとっての近道となる。
本学科は企業が求める能力の高度化、即戦力志向に対応するために、学校での授業や実習に加えて、企業での「現場」実習を並行して行っている。そのため社会に出てすぐに役立つ実力がつき、就職に有利である。実社会での実習を通じて、自分の適性が的確に判断できる技術者の育成を目指す。

取得資格又は取得目標資格の支援体制

本学科は在学中に二級建築施工管理技士学科、福祉住環境コーディネーター、宅地建物取引士、建築積算士補の合格を目指す。また、本学科は卒業と同時に二級建築士の受験資格が得られる。
卒業後、働きながら試験に挑むことも可能であるが、専科2級建築士科に内部進学し、学科試験・製図試験にむけて、より専念できる支援体制を整えている。


専科2級建築士科

教育目的

建築業界における2大国家資格は、建築士と施工管理技士である。これらの資格は、卒業直後もしくは、一定期間の実務経験がないと受験できない。二級建築士の受験資格は受験に必要な単位を取得しておれば、実務経験なしで受験可能である。
本学科は、二級建築士の資格取得を目的に設置した学科である。特に、将来を見据えた“一級建築士レベル”をキーワードに業界で活躍できる人材を育成することを目的に、在籍者二級建築士の合格100%を目指す。

取得資格又は取得目標資格の支援体制

二級建築士資格取得のために学科試験対策、製図試験対策を徹底的に行なうと同時に、各学生が希望する就職先に応じた資格取得をサポートしている。また,資格取得だけでなく、卒業後、社会に出て対応できるための倫理教育にも重点をおいて行なっている。