知っているのが常識!?建設ギョーカイ用語集

芸能界だけじゃない、建設業界にもあるギョーカイ用語。
サラッと使いこなせば、キミもギョーカイ人の仲間入り!?

スマホの人は画面をタップしてみよう!

ラーメン

伸びるどころかがっちり固める、ポピュラーな存在。

建設業界の「ラーメン」とは建物の構造形式のことで、中高層マンションに採用されていることが多い。「床」を支える「柱」、その柱を水平につなぐ「梁(はり)」の接合部分を強固にしている構造だ。なお「ラーメン」はドイツ語で「枠」や「額縁」を意味し、しょうゆやとんこつのアレとは関係ない。あなたが住んでいるマンションも、ラーメンかも?

ねこ

狭いところでは、ねこの手を借りたい。

正式には「一輪車」や「手押し車」と呼ばれるが、工事現場ではもっぱら「ねこ」か「ねこ車」。逆さにするとまるで「猫背」のようだから、猫が通るような狭い場所を通れるから…など、由来は諸説ある。スケールの大きな土木工事現場でも、建設機械では入れない場所がどこかあるもの。そんなときは忙しくなくても、ねこの手を借りるのだ。

もぐら

穴を掘りまくるだけが仕事じゃない!

一般的な呼び名は「穴掘りスコップ」「ダブルスコップ」など。穴を掘るという特性になぞらえて「モグラ」と呼ばれているようだ。このスコップはほぐした土を穴の外に出したり、一度掘った穴を広げたりすることにも使われる。実はモグラもどんどん穴を掘るより、既存のトンネルを修復する方が多いのだとか。モグラにも人間にも、掘削は重労働なのだ。

ドーナッツ

甘くもかわいくもないが、強度や耐久性の維持に必要。

コンクリートを打設するときに、型枠と鉄筋、鉄筋どうしの位置を確保する丸型の道具。これがあることで所定どおりの強度、構造物の耐久性を保つことができ、最終的にはコンクリート内に埋没して構造物の一部となる。プラスチック、鋼、コンクリート、モルタル、セラミックなどさまざまな材質でできているが、当然、甘いものはない。