あきらめないための6つのキーワード。

じぶんの「好き」が、だれかの「幸せ」になる。

じぶんがつくった家で、だれかが生活したり、
じぶんがつくった橋を、だれかが渡ったり、
じぶんが育てた花に、だれかが感動したり、
じぶんの「好き」が仕事になって、それがだれかの「幸せ」になる。
そんなことって、ステキだと思わないかい?

もちろん、そこまでのゴールの山は遠いし高い。
たまに、へこたれそうになることだってあるだろう。
でもそんなときは、軽くしゃがんで、ぴょんとジャンプしてみて。
ただそれだけで、今までの景色が少しだけ変わって見えてくるはず。

飛んで!
跳ねて!
弾けて!
登って!
越える!

そんなポジティブさが、ゴールに近づくための、
いちばんの味方になる。

飛んじゃえ!

飛んじゃえ!

鳥といえば飛んでいるイメージをもつけれども、
実際のところはほとんどの時間翼を休めている。
そして、いざっ! っていうときに翼をひろげ、
大空に羽ばたいていくんだ。
さて、キミたちの翼は今どうなってる?
きっと、好きな場所を思い描いて、
パタパタと準備しているんだろうな。

跳ねちゃえ!

跳ねちゃえ!

軽やかにピョンピョン跳ねてるヒトを見ているのはキモチいいけれども、
その一歩目のピョンを中々出せずにいるヒトが多い。
そのちがいって何だろう?
答えは簡単。
じぶんの心のままに小さく第一歩を踏み出せばいいんだ。
そうすればそのうち、
それが跳ねるようなステップに変わってきて楽しくなるから。

point

弾けちゃえ!

夢に近づくためにマジメにコツコツってことは、
とても大切なこと。
これが基本。
でも、そればっかりじゃツカレちゃう。
たまには弾けて他のスキなことを楽しむことも大切なんだ。
いろんなものに触れて、見て、感じる。
そんなさまざまな経験が、
キミが夢を叶えるための大きなチカラになる。

登っちゃえ!

登っちゃえ!

見上げれば高い山。
てっぺんも見えやしない。
どう考えてもじぶんが登れるなんて…。
初心者がそう思うのは当然。
でも、じぶんが決めた道なら一歩一歩登りはじめてみよう。
途中の花や木々に目をやり、
鳥の声に耳を傾けながら登り続けていると、
まちがいなく、
その山頂は見えてくるから。

line

越えちゃえ!

じぶんにこんなことできるはずがない。
そう思って線を引くのは決まってじぶん自身だ。
じぶんで限界を決めちゃう。
でも、これから夢に近づこうってのに、
そんな弱気でどうする?
さあ、意味のないボーダーラインなんて今すぐ取っ払おう。
そして、昨日までのじぶん自身を、
思いっきり越えちゃえ!