建設業界おしごとキャラクター図鑑

実は身近に存在している、建設業界のキャラクターたち。それぞれの職業をめざしてがんばっている
学生にだけ見えるんだそう。彼らはいつだって学生の味方! さて、キミには見えるかな?

建物の設計・工事監理を行う。設計・製図のスキルが高く、描いた家やビルがなんと帽子になる。プライドや理想も高く、コミュニケーション能力やデザインセンスも持ち合わせるマルチなヤツ。
建物の設計・工事監理を行う。設計・製図のスキルが高く、描いた家やビルがなんと帽子になる。プライドや理想も高く、コミュニケーション能力やデザインセンスも持ち合わせるマルチなヤツ。
個人宅の庭から公共の緑地、公園、都市の緑化計画まで、さまざまな規模の設計・施工を行う。頭上のカッパの皿に水をあげないと花が枯れてしまう。体も細く、とても繊細。
植物を用いて野外の空間をつくり、維持管理も行う専門家。植物の特性や土地の気候・風土などへの理解が必要とされる。葉が少しでも乱れていると気になってしまうため、いつも自分を剪定している。
店内の雰囲気づくりや商品の見せ方に配慮して、飲食店や物販店のインテリアの設計や照明・色彩の計画を手がける。備えつけの商品棚が見やすいので親切かと思いきや、商品をごり押ししてくるので要注意。
商業施設の設計やデザインなどを行うのが仕事。生活者や時代のニーズを捉えるセンスと知識が必要だが、こだわりが強すぎて自分が商業施設になってしまった。駐車場完備のなかなかいい施設となっている。
ベートーヴェンの第九が大好き。いつも口ずさみながら、住宅などの木造建築で、柱や棟、梁などをつくっている。時代の変化や技術の発達に伴って常に学び続ける姿勢が必要な仕事。今後も需要が見込まれる。
工事用の機械や車両の運転・管理を行う、女性も活躍しやすい仕事。適切な作業と、安全に対する高い意識や責任感が求められる。色々な建設機械が操れることを、全身でアピールしている。
建設予定地やその周辺の地形を調査し、基礎データをつくる。測量はすべての建設工事で行われるため、活躍の場が広い。のぞきぐせがついてしまい、大好物のちくわまでのぞくようになってしまった。
建設現場のリーダー。設計図を読み取り、工事の段取り、進行状況や部材の品質管理、人員の安全管理を行う。計画が遅れるので雨が嫌いだが、アメは好き。現場での指示は、アメと鞭を使い分けている。
インテリアの企画・設計、工事の監理を行う。インテリアコーディネーターよりも建築や施工部分に関わる。室内空間を自在に操る仕事ぶりは、まるでランプの魔人。しかし、実は中に戻れなくなっているという頼りない一面も。
高齢者や障がい者の方に対して、住みやすい環境を提案・アドバイスする仕事。より安全で快適な空間づくりを行う。凸凹や段差がキライなため、2人はいつもくっついている。