建築、土木、造園それぞれの分野の第一線で活躍している5人の卒業生たち。プロとして働くからこそわかってきた仕事のやりがいや、業界の変化、そして将来の目標などを語り合ってもらった。壁にぶつかりながらも前に進もうとする彼・彼女らの言葉や表情からは、ものづくりの世界で働く喜びや充実感があふれ出している。

社会人2年目。現場の第一線で
それぞれ活躍している卒業生たち。

眞鍋:みんな、久しぶり! 今日は愛媛からはるばる大阪に戻って来たよ。社会人生活も2年目が終わろうとしているね。今どんな仕事をしているの?

児島:久しぶりだね! 私は注文住宅を手がける建築設計事務所で設計をしているよ。今実際に施工しているので、大工さんから質問が来たら指示したり、防水シートを貼っているかチェックしたりと、監理もしています。

穴吹:僕は総合建設会社の土木部門で施工管理をしていて、担当していた砂防ダムが竣工したばかり。少しホッとしているところです。山本さんは?

山本:私は造園会社で施工管理をしています。これからの季節は、樹木の剪定や草刈りが多いかな。2年目で初めて公共工事に入り、公園の改修工事の施工管理をしました。

眞鍋:現場でバリバリやっているんだね。僕は愛媛県のハウスメーカーで設計兼営業をしています。お客様に土地を提案したり、間取りや仕様を決めたり。将来は自分自身ですべてできるように、なんでも勉強だと思って頑張っているよ。

広田:私は土木の施工管理と作業をしています。住宅地の造成や公共工事が多いかな。最近では舞鶴の海岸で大量の流木を取り除きました。

児島:みんな、きっと1年目よりはできることも増えているよね。やりがいはどう? 私はお客様が理想とした家を提案して、笑顔が見られたときが一番うれしいです。工事が進んで、図面が実際に立体物になると、「この部分ってこんなふうになるんですね!」と喜んでもらえるんだ。もうすぐ自分で設計した家を初めて引き渡すので、そこでまた新たな喜びがあるんじゃないかと楽しみにしているの。

お客様も自分も「納得」できるこだわりの家づくりに奮闘中!

注文住宅の建築設計を手がける会社に勤務。法律や構造を踏まえたうえで「コンセプト」を大切にする意匠設計に挑戦し、お客様も気づかないようなこだわりを一つひとつ大切にしている。


児島 里奈さん

フリーダムアーキテクツデザイン株式会社 勤務
2017年 空間デザイン学科 卒業

眞鍋:それはお客様に接する仕事の醍醐味だよね。僕も引き渡しの前後はお客様のリアルな声が聞けて、それがやりがいにつながっています。「いろんな会社がある中で、眞鍋さんに決めてよかった」と言ってもらえたときは、本当にうれしかったよ。

広田:そういうお客様との絆は、設計や営業ならではだね。私は宅地造成をすることがあるのですが、自分が担当した場所を後から見て、実際に家が建っているのがうれしい! 私の仕事が役立っているなって。

穴吹:なるほど、そういう喜びもあるんだね。僕は先日初めて所長と2人の現場になって、現場監督をしているという実感がありました。所長が他の仕事をしているときは、実質1人で現場を見ているわけだし。もちろん、力不足なところは所長にカバーしてもらったけど、現場で4番手だった1年目とは手応えがまったく違いました。これからどんどん立場が変わっていくと思うと、すごく楽しみになってきたよ。

山本:これからが楽しみって、前向きでいいね! 私も施工管理に挑戦して、自分のアイデアやプランニングが成果物になるって、こんなにうれしいんだと感動しました。「これは私がやった!」と言えるように、他のこともどんどんやりたいと思えてくるよね。

▼「GATUN! SPECIAL DISCUSSION」バックナンバー

  • GATUN! SPECIAL DISCUSSION 建築家とのおしゃべり。
  • GATUN! SPECIAL DISCUSSION はたらく卒業生 座談会
  • GATUN! SPECIAL DISCUSSION 建築家とのおしゃべり。
  • GATUN! SPECIAL DISCUSSION はたらく卒業生 座談会
  • GATUN! SPECIAL DISCUSSION けんせつ小町のけんせつ小話。
  • GATUN! SPECIAL DISCUSSION はたらく卒業生 座談会
  • GATUN! SPECIAL DISCUSSION けんせつ小町のけんせつ小話。
  • GATUN! SPECIAL DISCUSSION Global Talk 世界が広がる多国籍座談会
  • GATUN! SPECIAL DISCUSSION 修成×ドボジョ!
  • GATUN! SPECIAL DISCUSSION 修成女子会 Syusei Girls Talk