知っているのが常識!?建設ギョーカイ用語集

芸能界だけじゃない、建設業界にもあるギョーカイ用語。
サラッと使いこなせば、キミもギョーカイ人の仲間入り!?

スマホの人は画面をタップしてみよう!

カラス

つかむ物の大きさに合わせて「くちばし」を調節。

正式名称は「ウォーターポンププライヤ」。水道管やガス管などの接続、ボルトナットの締め付けなど、配管工事には欠かせない工具の一つ。つかむ物に合わせて開口部を調節でき、握り手が長いことからより強力にものをつかめる。呼び名はカラスのくちばしに似ていることからついたものだが、ボディーは黒だけでなく多種多様である。

キャラメル

コンクリート工事に欠かせない、カッチカチのブロック。

鉄筋コンクリート工事で使われ、鉄筋の間隔やかぶり厚さ、強度を確保するために挟むもの。たとえば、鉄筋を基礎の底から浮かせるために使う。正式名称は「モルタルブロック」。立方体であることから「キャラメル」と呼ばれている。あくまで形状からつけられた呼び名であり、ぐにゃりと柔らかくなることはない。

トンボ

「ここまで土を盛ってください」というメッセージ。

正式には「丁張り」と呼ばれ、土木工事の際に土を盛り立てる目標の高さを表すもの。土の中に埋め込んだ木杭に目標の高さの印をつけ、杭に交わるように打ち付ける板の下端が印に合うようにする。そこまで土を盛れば測量通りの高さというわけだ。形状は空飛ぶトンボに似ているが、ガッチリ打ち込まれているので動くことはない。

シャコ

英語の発音が寿司ネタっぽくなってしまった金物。

クレーン作業で、ワイヤーと吊り荷を連結する時などに使われるU字型の金物。資材や機材にある専用の穴にこれを通し、端をネジやボルトナットで締め付けて脱落するのを防ぐ。正式名称は「シャックル」。英語の発音にすると「シャッコ」となり、「シャコ」になったといわれている。寿司ネタのシャコとは、形状も由来も違う。