夜 建築を学ぶ!第2本科 建築学科(夜)募集のご案内

  1. Top
  2. 夜 建築を学ぶ!
  3. メッセージバックナンバー

Message Back Number

在校生メッセージ

Voice 01

ハウスメーカー事務職から修成に入学
幼いころ、建設会社で働いていた叔父の仕事を見る機会があり、木の空間に触れたことから大工さんに憧れるようになりました。そこから年月は過ぎて、短大を卒業後就職したハウスメーカー(事務職)で勤務しました。3年目に自身の今後を考えることがあり、結果建築の技術職に就きたいとなりました。
大阪で学ぼうと決めたきっかけは、当時住んでいた香川県で建築を学べる学校がなく、ネット検索で修成を見つけ資料請求をしたことからです。
学校案内資料を熟読して夜間部を知り、学費面、アルバイト紹介もあることから入学を決めました。
現在は、学校で紹介していただいた工務店で施工管理補助のアルバイトをしながら日々学んでいます。授業で学んだことを実際に現場で確認ができ、楽しく仕事をさせていただいています。
私の最終目標はより良い住宅、より良いリノベーションが提案できる建築士です。
そのためにしっかりと2年間学び、建築士、施工管理技士、宅地建物取引士を取得してトータルで住宅に関われる人物になりたいと考えています。
第2本科 夜間部 建築学科
1年 山下 愛美さん
創価女子短期大学出身

教員メッセージ

Voice 01

様々な年齢層が集い学ぶ夜間部‼
建築を一から学びに来る方、すでに経験を積まれている方、全く違う職種で仕事を経験されてから、大学に通いながらと経験や年齢層も様々です。仕事終わりで登校してきますので、今日は疲れているな、元気そうだなと学生の表情を見ながら授業を進めています。
建築の経験値はバラバラですが、基礎・基本を中心に授業をすることを心がけています。建築の知識がある学生もいれば、反面、初めて建築を学ぶ学生もいるため、基礎・基本・応用・発展と段階的に学べる教授法を意識していますね。
夜間部の学生は昼間の仕事が施工管理職の方や設計職の方もおり、年齢は違っていても互いの得意分野を教えあっている様子は、夜間ならではだと思います。
このように経験を積んでいる学生も多いので、授業内容に対する質問は昼間部よりレベルが高く、こちらの熱量も高くなる授業シーンも少なくないです。
2年間で建築を幅広く学べることが「専門学校」ならではの特徴です。
人生における2年はあっという間、思い立った時に挑戦してほしい。そう思います。
第2本科 建築学科(夜)
クラス担任 辰井 菜緒先生
・一級建築士
・インテリアプランナー
・インテリアコーディネーター
…etc.