夜 建築を学ぶ!

第2本科 建築学科(夜)募集のご案内

働きながら学ぶ 学びながら働く

Scroll
↓

修成の夜間部(第2本科)は開校当初から設置されており、100年以上の歴史があります。
夜間部で学んだ卒業生の方は7,000名以上となり、
多くの方が建設業界で活躍されています。

いろんな方が学んでいます

  • 建設会社に勤務30代 男性
  • 設計事務者で
    アルバイト
    20代 女性
  • 大学とのWスクール20代 男性
  • 土木コンサルで
    アルバイト
    10代 女性

いろんな方のチャレンジをバックアップする5つのポイント

★Point 01

最短で建築士の受験資格が得られる!

本校は一級建築士の受験資格認定校。課程修了特典は第1本科 建築学科(昼)と同じです。
夜間部の課程を修了すると、一級・二級建築士の受験資格が得られ、一級建築士の免許登録には実務経験4年が必要になります。

資格取得の時系列表

Topics

※建築士法改正
2020年3月1日に改正建築士法が施行されました。改正内容として、従来受験資格の要件とされていた実務経験は、免許の登録要件となり、試験合格の前後の実務経験を通算することも認められるようになりました。

★Point 02

ゆとりある授業時間!

昼間、働いているもしくは、大学に通っている方でも余裕をもって授業に臨めます。

時間割例

※1年次の土曜日は集中講義あり。 ※2年次の土曜日の集中講義は年間15日程度あり。

Topics

オンライン講義
該当1科目でオンライン講義実施中

※次年度に向けて該当科目を現在調整中
(1週間のうち最大1日分を予定)

★Point 03

実践的なカリキュラムと資格取得のバックアップ!

修成は建設業界で活躍できる技術者を養成することを目的としています。
そのため、一方通行の講義だけでなく、演習や実習も行い技術・知識の修得を図っていきます。

授業風景

Topics

資格取得奨励金制度
建築施工管理技術検定、宅建士、福祉住環境コーディネーター等在学中にチャレンジ‼ 取得後申請で奨励金が出ます。次のチャレンジに活用できます。

資格対策オンデマンド講座

★Point 04

万全の就職サポート!

多くの求人企業数と高い就職率。夜間部専任の進路アドバイザーがいます。

求人企業数(過去5年推移)

コロナ禍でも
増えている求人件数
学生一人あたり
求人件数
26.3

就職実績

  • ・大和ハウス工業株式会社
  • ・泉北ホーム株式会社
  • ・株式会社笠谷工務店
  • ・鹿島建設株式会社
  • ・株式会社DAIJU
  • ・神東建設株式会社
  • ・株式会社阿波設計事務所
  • ・株式会社小松義博建築都市設計事務所
  • ・株式会社中野積算
  • ・株式会社住之江工芸

★Point 05

夜間部ならではの学費設定と、
いろいろ使える各種免除制度!

昼間部と比較すると約2分の1の学費に、さらに社会人学び直し支援制度と専門実践教育訓練給付金の併用も可能です。

第2本科 建築学科(夜)の校納金

  1年次 2年次
入学金 70,000円
授業料 500,000円 500,000円
後援会費 23,000円 23,000円
学生会費 2,000円 2,000円
安全管理費 10,000円 10,000円
修友会費 23,000円
校納金合計 605,000円 558,000円

※別途、教材費等が必要になります。

各種免除申請制度本校独自

  • 1オープンキャンパス参加特典
    入学金50,000円免除
  • 2修友会入学選考料免除制度
    入学選考料を免除
  • 3社会人学び直し支援制度
    年間授業料の10%の
    50,000円を免除
  • 4ファミリー入学生制度
    年間授業料の10%を免除
  • ※②は修友会員(本校の卒業生)から推薦を受けた方が対象となります。
  • ※③・④の制度は併用できません。

専門実践教育訓練給付金について

社会人または社会人経験のある方を対象に、新たな給付金制度ができました。

対 象
  • ❶ 初めて教育訓練給付を受けようとする方
    受講開始日前までに通算して2年以上(原則は3年以上)の支給要件期間がある方
  • ❷ 過去に教育訓練給付金を受給したことのある方
    最後の給付金受給から入学(受講開始日は4月1日)まで
    3年以上経過し、支給要件期間が3年以上ある方
申し込みのポイント
  • ● 働かれた条件によって、支給可能かどうか確認が必要となりますので、管轄のハローワークにご相談ください。
  • ● 申込申請は、入学(受講開始日は4月1日)から1ヶ月前(2月末日)までに手続きを終了していなければなりません。
  • ● 訓練前キャリア・コンサルティングは前もって受ける必要があります。(余裕をもって、できれば2月中旬までに)

第2本科 建築学科(夜)の場合

各種免除申請制度と併用も可能
  • 50,000

    オープンキャンパス
    参加特典入学時に減免
  • 50,000

    社会人学び直し
    支援制度入学時に減免
  • 535,000

    専門実践教育
    訓練給付金受講中に支給
  • 214,000

    専門実践教育
    訓練給付金修了後に追加支給
  • 実質の学費
    221,000

    学ぶことも可能!

学校紹介の企業でアルバイト、働きながら学べる!

アルバイト紹介システム

夜間部生が、昼間にアルバイトとして働く企業先を学校から紹介。紹介先は、設計事務所や建設会社、不動産会社といった建設業界に関わる企業です。昼間のアルバイト経験が、将来の仕事に活かされます。


事務局 進路係
人見 恭生さん
学びに直結したアルバイト先を紹介
毎年15~20名ほどの入学生がアルバイトを希望し、学校から紹介をしています。
職種は設計職と施工管理職の補助がメインです。設計職では、設計に必要な書類作成や製図作業のお手伝いが中心、施工管理職は現場の軽作業や作業日報の作成をお手伝いすることが多いです。
どちらのアルバイトも様々な角度から経験でき、卒業後の仕事にも役に立つ内容だと思います。アルバイト求人をいただいている企業様には、授業優先の勤務時間をお願いしているので安心して仕事と学びを両立できます。入学決定後からご相談いただくことも可能です。入学後すぐにはじめたい方、夜間の授業に慣れてからはじめたい方など、希望にあわせて紹介しています。
オンラインでの相談も対応していますのでご希望の方はお問い合わせください。

Message

在校生メッセージ

ハウスメーカー事務職から修成に入学
幼いころ、建設会社で働いていた叔父の仕事を見る機会があり、木の空間に触れたことから大工さんに憧れるようになりました。そこから年月は過ぎて、短大を卒業後就職したハウスメーカー(事務職)で勤務しました。3年目に自身の今後を考えることがあり、結果建築の技術職に就きたいとなりました。 大阪で学ぼうと決めたきっかけは、当時住んでいた香川県で建築を学べる学校がなく、ネット検索で修成を見つけ資料請求をしたことからです。
学校案内資料を熟読して夜間部を知り、学費面、アルバイト紹介もあることから入学を決めました。
現在は、学校で紹介していただいた工務店で施工管理補助のアルバイトをしながら日々学んでいます。授業で学んだことを実際に現場で確認ができ、楽しく仕事をさせていただいています。
私の最終目標はより良い住宅、より良いリノベーションが提案できる建築士です。
そのためにしっかりと2年間学び、建築士、施工管理技士、宅地建物取引士を取得してトータルで住宅に関われる人物になりたいと考えています。
第2本科 夜間部 建築学科
1年 山下 愛美さん
創価女子短期大学出身

教員メッセージ

様々な年齢層が集い学ぶ夜間‼
建築を一から学びに来る方、すでに経験を積まれている方、全く違う職種で仕事を経験されてから、大学に通いながらと経験や年齢層も様々です。仕事終わりで登校してきますので、今日は疲れているな、元気そうだなと学生の表情を見ながら授業を進めています。
建築の経験値はバラバラですが、基礎・基本を中心に授業をすることを心がけています。建築の知識がある学生もいれば、反面、初めて建築を学ぶ学生もいるため、基礎・基本・応用・発展と段階的に学べる教授法を意識していますね。
夜間部の学生は昼間の仕事が施工管理職の方や設計職の方もおり、年齢は違っていても互いの得意分野を教えあっている様子は、夜間ならではだと思います。
このように経験を積んでいる学生も多いので、授業内容に対する質問は昼間部よりレベルが高く、こちらの熱量も高くなる授業シーンも少なくないです。
2年間で建築を幅広く学べることが「専門学校」ならではの特徴です。
人生における2年はあっという間、思い立った時に挑戦してほしい。そう思います。
第2本科 建築学科(夜)
クラス担任 辰井 菜緒先生
・一級建築士
・インテリアプランナー
・インテリアコーディネーター
…etc.