建築学科(夜間部)

  • 2年制
  • 夜間部定員30名

昼間部と同様に二年間で、建築の分野で求められる知識や技術を修得します。二級建築士の資格取得を目標に置いた学習をベースに、実学重視のカリキュラムのもと授業を展開。さらに、ワークショップ形式で行う実習も充実。設計、施工を問わずあらゆる角度から総合的に学べるため、卒業後すぐに即戦力として活躍できます。また、実務に欠かせないCADをはじめとした設計ソフトの授業も多数設置。より幅広く活躍できる建築のプロフェッショナルを育成します。

夜間部(第2本科)についてはこちら

2年間学びの概要

1年

設計や施工に関わる建築分野の基礎知識を修得しながら、製図・コンピューター、構造力学を中心に学びを展開。さらに、材料、歴史、実務の計画分野など建築士資格の試験科目についても学習します。

2年

設計製図、構造計算、建築積算、建築設備などについての学びを深め、二級建築士資格の試験科目もより高いレベルで学習。さらに、将来の目標に合わせて選ぶ選択科目を通じて、専門性を深めていきます。

ピックアップカリキュラム

コンピューター実習に使用する主なアプリケーション

AUTO CAD・スケッチアップ

建築測量学実習

距離測量、水準測量、平板測量など各種測量について実際の器具の使用法などの技術を学ぶ。

※1 選択科目は、月曜日から金曜日の正規授業、夏休みや土曜日実施の集中講義で実行されます。

※2 選択必修科目とは企業内での実務(設計・施工業務いずれかを選択)を規定時間行うことにより単位が与えられます。