土木工学科

  • 2年制
  • 昼間部30名

道路や橋など生活の基盤となるものづくりの知識と技術を学ぶ。

土木工学とは道路や橋梁、トンネル、水道など人々が生活するために必要な構造物を扱う学問で、社会のインフラ整備を担っています。また、明石海峡大橋や黒部ダムなど、地域のランドマーク・観光名所として親しまれている構造物も数多く見られることから、ランドスケープやデザインの業界からも注目されています。建設工事の施工管理業務を軸に構造物の設計や計画などについて学習し、幅広く活躍できる技術者を養成します。

目標にする代表的な職業

土木施工管理技士/測量士/土木設計士/土地家屋調査士

2年間学びの概要

1年

「構造力学」、「水理学」、「土質力学」という土木工学の3大基礎を中心に、測量士・測量士補試験に必要な「測量学Ⅰ・Ⅱ」・「測量学演習」、1・2級土木施工管理技術検定試験に必要な「施工学」などを学びます。さらに「総合演習」などの演習系の科目で実践を積みます。

2年

鉄筋コンクリート構造、道路、鉄道、橋梁、河川、海岸、上下水道などの専門性の高い内容や、「施工管理」などを学習。また、2級土木施工管理技術検定試験に向けての対策とともに、CADを用いた2D・3D図面の作成や、設計計算から図面作成までの流れを修得します。

ピックアップカリキュラム

コンピューター実習に使用する主なアプリケーション

AUTO CAD・Word・Excel

橋梁工学

橋梁の種類や構造、施工方法などを理解し、
設計・施工に関する知識と技術を学ぶ。

施工実験実習

各種測量機器の操作法と
データ整理手法を修得し、実践力を養う。

CAD製図

製図の基本的な知識を修得しながら、CADで図面を書き起こすスキルを身につける。