ガーデンデザイン学科

  • 2年制
  • 昼間部30名

造園技術を実習で実践的に身につけ、人と環境に関わる仕事を目指す。

緑化造園分野の設計・積算から施工、施工管理、維持管理の基礎を学ぶとともに、園芸・ガーデニングをはじめ、都市緑化、環境緑化、園芸療法まで幅広い知識と技術を修得。カリキュラムは、見学、野外実習はもとより、産・官・民と連携した実践教育を取り入れ、社会で即戦力となるガーデンデザイナーの育成を目指す内容です。また、造園施工管理技士や造園技能士などの資格取得対策にも力を注いでいます。

ガーデンデザイン学科のブログはこちら

目標にする代表的な職業

造園施工管理技士/ガーデンデザイナー/庭師/グリーンアドバイザー/園芸療法士

2年間学びの概要

1年

日本と外国の庭園史を通して多様な庭園様式を学ぶと同時に、植物の特性、植栽工法、育成・維持・抑制管理の方法、さまざまな材料の特性と用途、造園施設の施工法などを学習。主に住宅庭園での設計・積算・施工・施工管理から育成・維持までの知識と技術の修得が目標です。

2年

1年次で身につけた住宅庭園を中心とする造園技術を基礎として、主に公共施設の造園に関する知識や技術を修得。また、造園施工管理技士や造園技能士などの資格取得を目指して学ぶとともに、ニーズが高まっている環境を重視した緑化ビジネスの知識を身につけます。

ピックアップカリキュラム

コンピューター実習に使用する主なアプリケーション

AUTO CAD・スケッチアップ

造園施工

公園や庭園の植栽工法、維持管理をはじめ構造物及び施設の基礎知識を修得。

ランドスケープデザイン

多様化する空間や地域を対象にランドスケープデザインの手法や技術について学ぶ。

植物管理

樹木をはじめ園芸植物全般における知識と技術を身につける。