空間デザイン学科

  • 2年制
  • 昼間部30名

空間に対する多様なニーズを具体化できる専門知識とスキルを修得。

現代は、新築だけでなく、リフォームやリノベーションも多く求められています。本学科では、時代のニーズに対応すべく、既存のスペースを機能的にアレンジする能力、あたらしい空間を提案する創造力を養うとともに、インテリアの基礎知識や設計、照明、色彩計画などの専門スキルも修得。空間づくりをトータルに提案できる知識と技術を身につけ、幅広く活躍できる人材の育成を目指します。

目標にする代表的な職業

建築士/インテリアプランナー/空間デザイナー/店舗デザイナー/ハウジングアドバイザー

2年間学びの概要

1年

建築におけるあらゆるニーズに対応できるよう、室内空間設計、プロダクト設計制作の基本を学習し、イメージを具体化する手描きパース、色彩構成、デッサンの基礎を身につけます。また、建築士受験に必要な座学、製図、さらにはCADなどについても学びを進めます。

2年

即戦力となる人材に必要な技術とマナーを修得。在学中の建築CAD検定、パース検定、卒業後の二級建築士などの試験対策と同時に、手描きパース、色彩、デッサンの応用、模型制作、コンピュータを利用したプレゼンテーション技法など実践に即した力を養います。

ピックアップカリキュラム

コンピューター実習に使用する主なアプリケーション

AUTO CAD・Illustrator・Photoshop

インテリア・プロダクト演習

平面、立体、色彩構成などの
造形の基礎を学ぶ。

スペースデザイン

スペースデザインの基礎知識、基礎技術、
コンセプトメーキング、デザイン技法を学ぶ。

色彩学

建築やインテリアなどの分野で求められる
色彩に関する基礎知識を学ぶ。