はたらく卒業生 × 先生 はたらく卒業生 × 先生 卒業生 中橋さん × 辰井先生

日々のやりがいも悔しさもぜんぶ、
これからの糧になる。

辰井:お久しぶりです。元気そうですね。中橋くんは設計事務所に就職したんですよね。最近はどんな仕事をしているんですか?
中橋:お久しぶりです。兵庫県の芦屋市にある一級建築士事務所で設計士として勤務しています。設計士と言っても、まだまだ社長のアシスタント的な仕事がほとんどで、今はプレゼンで使用するパースなどを手がけています。
辰井:どんな建物のパースをつくっているんですか?
中橋:主に戸建ての高級住宅です。社長が設計する建物はどれもすごく洗練されていて、毎日とても勉強になっています。
辰井:中橋くんは学生の頃からなにをつくるにしても丁寧で、すごくこだわっていましたよね。オフィスで一生懸命にパースと向き合っている姿が目に浮かびます。
中橋:どうすれば、その設計の魅力を余すことなく伝えられるかを考えている時間が一番好きで、試行錯誤の毎日です。それから、社長が手がけた設計に対して、自分のアイデアを提案して採用してもらったときもうれしいですね。もちろん、採用されなかったり、提案は通っても自分が思い描いていたように設計に反映されなかった際には、すごく悔しいし落ち込むこともありますが。

辰井:「思い描いていたものと違うな」と思うのは、センスがあるからなんですよ。つまり、頭の中である程度、設計ができていたってことですよね。それから、悔しがったり落ち込んだりするのもステキなことです。次こそは! ってあれこれ模索するのは、成長へのバネになりますから。
中橋:まだまだうまくいかないことばかりですが、とにかくいいものをつくろうと日々がんばっています。自分が書いたパースや提案したアイデアを施主さんが気に入ってくれた際には、本当にうれしいですしね。

なんで? なんで? と追求し続ける
その姿勢をずっと大切に。

中橋:久々に修成に来るとみんなと勉強したり、遊んだりしていた毎日を思い出します。懐かしいな~。
辰井:中橋くんは入学当初からハツラツとしていて、勉強にも前向きだった印象です。たまに、お調子者が見え隠れしていましたが(笑)。それと、例えばこの設計はなんでこうなるんですか? って、なにごとにも疑問を持つ学生でしたよね。本当になんでなんでマン(笑)。
中橋:自分ではあまり自覚はないんですけど、周りからそう言われることはありますね(笑)。

辰井:その追求し続ける姿勢は、ものづくりの世界ですごく強みになるので今後も持ち続けてほしいです。
中橋:ありがとうございます。先生は本当になんでもお見通しですよね(笑)。先生が専科に進むことへの背中を押してくれたおかげで、二級建築士にも合格できて、今こうして設計士として働けているわけですが、どうして僕に専科を勧めたのかずっと不思議だったんですよ。
辰井:それは、やっぱりなんでなんでマンだから(笑)。仕事しながら、勉強するってなると、なんで? なんで? って疑問ばかり持ってしまって、両方ダメになるかなと思ったんです。まずは二級建築士を取ってから、悩めばいいかなって。

中橋:やっぱり、先生はすごいなぁ。
辰井:今はまだキャリアが浅くて一日一日を乗り越えるので精いっぱいだと思うけど、将来はやっぱり独立を考えているんですか?
中橋:はい! 30歳までには独立しようと思っています。そのためにも、一級建築士も取らないといけませんし、それから、建築の賞も獲りたいです。
辰井:いいですね! 独立後はどんな仕事をしたいですか?
中橋:住宅を中心にいろいろな建物を手がけながら、いつかは街全体をプロデュースできるような存在になりたいと考えています。途方もない夢ですが、今から全力でがんばれば叶えられるような気がするんですよ。
辰井:すばらしいな~。学生だった中橋くんが建築のプロとして活躍して、夢に向かってがんばっていると思うと、私も本当に誇らしいです。これからも変わらずに応援していますよ。たまには顔を見せてくださいね。

  • 中橋 聖 さん

    30歳までには独立したい。
    そのためには今日も全力!

    兵庫県芦屋市にある一級建築士事務所「rivet design office株式会社」に設計士として勤務。現在はパースの作成を中心に、アシスタントとしてさまざまな業務に従事。30歳までに一級建築士として独立することを目標に日々奮闘。

    rivet design office 株式会社 勤務 
    2021年 専科 2級建築士科 卒業
    中橋 聖 さん

  • 辰井 菜緒 年生

    学生たちが「輝ける何か」に
    必ず出会えるように。

    修成卒業後、建設会社で設計やインテリアコーディネートをメインに、さまざまなプロジェクトに携わる。後に一級建築士を取得。学生たちが自分にとっての「輝ける何か」に出会えるよう、一人ひとりに寄り添った指導を貫く。

    [担当科目]
    設計製図、プレゼンテーション、
    一般構造学、建築材料学
    辰井 菜緒 年生

一覧に戻る