修成の実習場に巨大文字あらわる!!土木工学科

こんにちは!修成建設専門学校ですو

 

さてさて、タイトルにもある巨大文字、誰が何を使ってどうやって描いたのでしょうか!?

それは。。。

土木工学科の2年生が、トータルステーションと反射プリズムを使って距離と角度を測り、計算で求めておいた文字の位置にしるしをつけたのです😊

現場では施工するために必要な位置を出すことが目的ですが、今回は修成建設の文字を描きました!

 

( •̀ω•́ )۶トータルステーションて何ですか?反射プリズムとは?

の写真トータルステーションです。わかりやすく言えばコンピューター付き望遠鏡です。角度と、レーザーで距離を測ります。

の写真反射プリズム(鏡)です。トータルステーションから放射されるレーザーを鏡に反射させて距離を測ります。

あらかじめ計算により求めた、文字位置の計算書がこちらです ↓ ↓ ↓

何だか難しそうですね(。º̩̩́⌓º̩̩̀).゜一般の人が見ると数字の羅列にしか見えないと思うのですが。。。

土木工学科2年生のみなさんなら大丈夫😊!!

 

完成イメージ図はこんな感じです ↓ ↓ ↓ 班ごとに1文字ずつ描きますよ

さあ!トータルステーション・反射プリズム・計算書を用いて、見事文字を描けるでしょうか?◝(⁰▿⁰)◜

一班あたり3人~4人で協力して頑張りました😊結果はこちら!!

【出席番号奇数チーム】

【出席番号偶数チーム】

完璧です!きれいな文字が地面に描けましたね٩(*´꒳`*)۶

 

卒業まで残り少なくなってきましたが、1つでも多くの技術を習得出来るよう頑張ってくださいね😊

 

この日も暑かったけど、みなさんお疲れ様でした( ๑>ω•́ )ﻭ