海外研修旅行⭐~前編~

Hello‼ 今日はなんと!海外研修旅行をレポートします!

毎年行っている海外研修旅行、今年は。。。(*ˊᗜˋ*)

 フランスのパリ~ロンシャンまでの各地を巡り現地の文化・建築に直に触れる旅

6日間の旅でしたが、4日目の朝まではパリを満喫。今日は旅の前半戦、パリ滞在記をご紹介します

 

1日目:大阪からパリへ

学生15名+先生2名+旅行会社の方1名 計18名で旅行スタート!

初の海外旅行の学生もいました!飛行機・英語での出入国審査、なんだかドキドキしますね!

関西国際空港 ✈✈✈ アムステルダム・スキポール空港(inオランダ) ✈✈✈ シャルル・ド・ゴール空港(inフランス)

アムステルダム・スキポール空港はヨーロッパ最大のハブ空港!

現代建築をけん引するダッチモダン・デザインの構内はとにかく広かったです!

フランスの玄関口であるシャルル・ド・ゴール空港

国を代表する建築家、ポール・アンドリューが長年に渡り手がけました

大阪南港の「なにわの海の時空館」を設計した建築家でもあるんです(*•ω•*)

 

2日目:パリ見学ツアー

居てもたってもいられない学生たちは早朝からすでにパリの街並みを散策!

見知らぬ都会の朝の風や雑踏の音が心地よく全身を包みます( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

 

建築家ル・コルビュジエの初期代表作であるラロッシュ・ジャンヌレ邸

ここからはコルビュジエ財団の学芸員エドワードさんと、現地ガイド・通訳の渡さんによる解説とご案内を頂きながらの見学(σ⁎˃ᴗ˂⁎)σ

続いてコルビュジエの画家としてのアトリエ

世界遺産登録を機に修復工事が始まり、近年になり建築関係者や学生に向けて公開されるようになったアパルトマン(集合住宅)の最上階にあります

 

3日目:自由行動inパリ

判らない異国の言葉に四苦八苦しながらなんとか自分の意思を伝えて見たい景色や訪れたい場所へとたどり着き、

ひたすら歩き回り、五感すべてを駆使してこそ、そのまちを知ることができると思います(。•ω- 。)

学生たちはそれぞれの意思の赴くまま、爽やかな晩夏のパリを心ゆくまで楽しんだ様子でした!!

もりだくさんなパリ滞在記、いかがでしたか?今日はここまで!

4日目はパリを離れて中世の巡礼都市ヴェズレーへ。そしてこの度の目玉企画、ラ・トゥーレット修道院へと向かいます。

なんと!ラ・トゥーレット修道院で宿泊したんです。それはまた滞在記後編で・・・( ๑>ω•́ )ﻭ

お楽しみに