教育の特色

修成建設専門学校は、「すべては、学生一人ひとりの未来のために」を本質とし、学生たち一人ひとりと向き合った教育を方針としています。そのために「人材育成」と「専門教育」の二つの面からアプローチしています。
人材育成は、一人ひとりの個性を伸長し、みずから道を切り拓いていく自立心の育成と、一方で協働して問題を解決する強調心を育成することで、この両端の個性の共存は、優れた社会人・企業人としての根幹を成すものです。
また、専門教育は、ものづくりの面白さを体得することです。自由で想像力溢れた建築物を創造する楽しさ、道路や都市インフラなど社会基盤施設を建設する誇り、生きた植物を素材として造園や都市の緑化を推進する喜び、それらを感じ取る基礎となるのが専門技術教育であります。