システム

学年および学期

学年は、前期と後期に分かれています。
前期は、4月1日から9月30日まで
後期は、10月1日から3月31日まで

授業時間について

授業は、90分を1時限として行われます。なお、授業の時間区分は次のとおりです。

第1本科(月~金曜日) 第1本科(土曜日)
1時限目 9:00から10:30まで 休業
2時限目 10:40から12:10まで
3時限目 13:00から14:30まで
4時限目 14:40から16:10まで
第2本科(月~金曜日) 第2本科(土曜日)
1時限目 18:20から19:50まで 休業
2時限目 20:00から21:30まで
※全科共通基礎専門科目は16時30分~18時00分で実施する。
※通常の授業は、時間割のとおりですが、短期間に行う集中講義もある。

週数・時間について

  1. 年間週数については、「講義等30週」+「前後期の試験等で5週」=35週である。
  2. 45分をもって1時間とする。

単位について

  1. 講義については、15時間の講義をもって、1単位とする。
  2. 演習については、30時間の演習をもって、1単位とする。
  3. 実験・実習実技については、30時間以上45時間未満をもって1単位とする。

出欠席について

出欠席については、次のとおり取り扱います。

各時限の30分以上受講しない場合は、欠席とします。
欠席すると、その科目について1コマの欠席とします。
欠席時間数に換算される遅刻・早退の回数は、第1本科は、4回、第2本科は、6回で1コマの欠席とします。

試験について

  1. 本試験は、前期末と後期末に行います。
  2. 各科目で教育上必要ある場合は随時試験を行い、その結果を学業成績評価に加味することがあります。
  3. 再試験・追試験を実施する場合があります。

学業成績評価について

学業成績は、100点満点の60点以上を合格とし、授業科目所定の単位が与えられます。ただし専科2級建築士科は除きます。

  1. 試験の成績のほか、日頃の「ミニテスト」、「確認テスト」等の試験の成績に修学状況等を考慮して決定します。
  2. 評価基準および表示は以下のとおりです。
成績評価 不可
点数等 100~90 89〜80 79〜70 69〜60 59〜0
GP
合否 合格 不合格
(注)
  1. 学校内部での学業成績は点数で表し、外部への発表は成績評価で表し不可は発表しません。ただしGPAの算定においては不可を含めます。
  2. 学年において、各科目の定期試験等非受験、レポート・課題未提出および出席すべき時間数の3分の2に達しないときは、その科目を出席時間不足とし、点数がつけません。なお、出席すべき時間数とは、予定時間数または実施時間数の多い方とします。

GPA制度

本校では、学業成績をはかる基準として、「優」・「良」・「可」・「不可」 の成績評価に加え、GPA制度を採用しています。
グレード・ポイント・アベレージ(GPA)とは、学生一人ひとりの履修科目の成績評価をグレード・ポイント(GP)に置きかえた平均を数値により表すものです。
GPAは学生指導や奨学金の基準として用いられ、また進学、就職などの際に学力を証明する指標にもなります。


GPA算出方法

GPA=(GP×当該科目単位数)の総和/履修登録科目の総単位数(不合格単位も含む)

科目 単位数 点数 GP 単位数×GP
○○演習 60 5×1=5.0
○○工学 60 4×1=40
デザイン○○ 45 4×0=0.0
○○・同演習 70 3×2=6.0
〇〇施工学 80 4×3=12.0
合計 20     27.0
27/20=1.35 *小数点第3位下四捨五入

GPAの「総合評価表」

算出されたGPAから下表を参照し、目安としてください。

GPA 総合評価
4.00 大変優秀な成績です。
3.00 優秀な成績です。
2.50 良好な成績です。
2.00 努力が必要です。
1.00 より一層の努力が必要です。

進級および卒業

定められた教育課程を修得した者は、進級・卒業となります。

  1. 1学年の出席日数が、出席すべき日数の2/3に達しない場合は、進級・卒業することができず、次年度において全科目を再受講しなければなりません。
  2. 一部科目を修得できず進級・卒業することができなかった場合は、次年度においてその科目だけを再受講しなければなりません。
    ただし、クラス担任に相談の上、全科目の再受講を希望すれば、その限りではありません。
  3. 卒業した場合、文部科学大臣認定の「専門士」の称号が与えられます。
  4. 専科2級建築士科の卒業基準は、次のとおりとする。
    1. 定められた教育課程を修得しなければ卒業はできません。
    2. 出席日数が出席すべき日数の2/3に達しない場合は卒業することができません。