学費サポート制度・特待生制度

図
図

教育ローン

入学時の資金、在学中の資金のどちらにもご利用いただけます。出願前からお申込みできます。
内容は変更となる場合がある為、各社へお問い合わせください。

国の教育ローン (日本政策金融公庫)

申込対象 入学予定・在校生の保護者 対象費用 学校納付金・受験費用・下宿費用・教科書代・通学費用など
ご融資額 350万円以内
※今後1年間に必要となる費用が対象
金利 1.76%(平成30年1月現在)
元金据置期間 あり(在学中は利息のみのご返済が可能)
お問い合わせ先 日本政策金融公庫 教育ローンコールセンター TEL:0570-008656(03-5321-8656)

オリコ学費サポートプラン [提携の教育ローン]

申込対象 入学予定・在校生の保護者で安定した収入のある方 対象費用 学校納付金
ご融資額 500万円 金利 3.9%(固定)(平成30年1月現在)
元金据置期間 あり(在学中は分割手数料のみの支払いが可能)
お問い合わせ先 株式会社オリエントコーポレーション 学費サポートデスク TEL:0120-517-325
[学校コード:11091915] [申込コード:0418]

セディナ学費ローン [提携の教育ローン]

申込対象 入学予定・在校生の保護者で安定した収入のある方 対象費用 学校納付金
ご融資額 300万円 金利 3.9%(固定)(平成30年1月現在)
元金据置期間 あり(在学中は分割手数料のみの支払いが可能)
お問い合わせ先 株式会社セディナ TEL:0120-686-909

※提携の教育ローンは、各社から直接本校の口座へ入金されます。

日本学生支援機構(JASSO)奨学金

貸与開始は本校入学後です。
貸与型奨学金の為、返還義務があります。(返還は貸与終了月の翌月から数えて7か月目から開始)
申込要件等、日本学生支援機構「奨学金」ページからご確認いただけます。

採用種別 予約採用(高校在学中に申請) 在学採用(本校入学後に申請)
申込先
お問い合わせ先
高校生:在学する高等学校
高卒認定者:日本学生支援機構
修成建設専門学校
申込時期 第一種(無利子):高校卒業年次の4~7月頃
第二種(有利子):高校卒業年次の4月~翌年1月頃
本校入学後、4月に開催される奨学金説明会に出席
2年次からの申請可
初回振込月 本校入学後、5月頃 本校入学後、6月以降
貸与種別 第一種奨学金(無利息) 第二種奨学金(利息・年率3%上限)
貸与月額
自宅通学
2万円・3万円・4万円・5万3千円
自宅外通学
2万円・3万円・4万円・5万円・6万円
※家計の収入に応じて月額を選択。

3万円・5万円・8万円・10万円・12万円

※選択できる月額に変更が生じる場合があります。

専門実践教育訓練給付金

厚生労働省による在職者と雇用保険に加入されていた方(退職者)を対象とした中長期的なキャリアアップ形成を目的とした雇用保険の給付制度です。

対象学科
[第1本科(昼)]
住環境リノベーション学科・土木工学科・建設エンジニア学科・ガーデンデザイン学科
[第2本科(夜)]
建築学科
※最新情報は専門実践教育訓練給付金のご案内で公開します。
申込対象者
◆初めて教育訓練給付を受けようとする方
・支給要件期間が2年以上ある方
◆過去に教育訓練給付金を受給したことのある方
・最後の給付金受給から入学(受講開始日は4月1日)まで3年以上経過し、支給要件期間が3年以上ある方
※支給要件期間とは、受講開始日までの間に被保険者等として雇用された一定の要件を満たす期間。
支給額
◆受講中
本校に納入した教育訓練経費の50%に相当する額
◆受講修了後
あらかじめ定められた資格等を取得し、受講修了日から1年以内に被保険者として雇用された方、またはすでに雇用されている方に対して、教育訓練経費の20%に相当する額を追加して支給されます。
※支給の上限額は、年間40万円です。2年間での支給の上限額は80万円(資格取得等した場合、112万円)となります。
受給資格確認方法 本校では受給資格については判断できないため、住所管轄のハローワーク(公共職業安定所)で確認してください。

※法改正等により変更となる場合があります。

修成建設専門学校 独自の学費サポート制度

修学の熱意があるが、経済的理由により授業料の納入が困難かつ学業成績優秀な者に対して奨学金の貸与や授業料減免をして教育を受ける機会を与えることを目的としています。内容は変更する場合があります。

創立110周年記念奨学金制度 [貸与型(無利息)]

申請時期 6月~10月 選考時期 年2回 7月・11月
選考方法 書類選考・面接選考 適用時期 1年次または2年次の後期校納金
貸与額 年間授業料の50%までの範囲で申請できます。(専科 2級建築士科は後期授業料の範囲)ただし、選考によって希望貸与金額より減額となる場合があります。
申請要件 保護者世帯の年収:[給与所得]年間収入500万円未満[給与所得以外]年間所得 300万円未満
その他
  • 父母以外で別生計の保証人の選任が必要。
  • 日本学生支援機構奨学金の貸与種別、貸与額によっては併用できない場合があります。
  • 卒業した年の6月より返還開始。(返還年数:5年以内 月額返還5,000円以上)

修成建設専門学校緊急奨学金 [貸与型(無利息)]※原則 在学中1回のみ

申請時期 入学後 随時受付 選考時期 随時
選考方法 書類選考・面接選考 適用時期 状況により判断
貸与額 当該学期に納入すべき授業料
申請要件 家計急変等の事由が発生してから6ヶ月以内であること。
その他
  • 父母以外で別生計の保証人の選任が必要
  • 日本学生支援機構奨学金の貸与を受けていることまたは申請したが不採用の場合
  • 卒業した年の10月より返還開始。(返還年数:5年以内 月額返還5,000円以上)

授業料減免制度 [給付型(減免型)]

申請時期 6月~8月初旬 選考時期 9月
選考方法 書類選考・面接選考 適用時期 1年次または2年次の後期校納金
貸与額 年間授業料の50%までの範囲で選考により決定
申請要件
(いずれか)
  1. 生活保護世帯
  2. 平成31年度市町村民税所得割額が非課税の世帯(平成30年の収入による)
  3. 主たる家計支持者の死亡、重度後遺障害、被災、破産等(事由が発生してから1年以内)
その他 学外の機関、団体から給付型の奨学金を受けている場合は申請できません。

修成建設専門学校 特待生制度

建設分野のコンクール等での受賞

申請時期 入学決定後(入学時校納金納入後) 選考時期 入学前:2月/入学後は別に定める
選考方法 書類選考・面接選考 適用時期 1年次または2年次の後期校納金
減免額 選考により決定
申請要件 大阪府公共建築設計コンクール「あすなろ夢建築」、各都道府県が主催するコンペ、本校主催のコンクール等

成績優秀者

人物に優れ、1年次の学業成績・出席状況により選考を実施します。(申請不要)
特待生(成績優秀者)として採用されましたら、年間授業料の10%を2年次後期校納金から減免します。

専科 2級建築士科 再チャレンジバックアップ制度

下記 1. または 2. に該当する場合、次年度の授業料を免除します。

  1. 二級建築士 学科試験不合格で、その年度の後期も籍をおき、次年度も専科に籍をおいて挑戦する者
  2. 二級建築士 学科試験合格かつ製図試験不合格で、次年度も専科に籍をおいて挑戦する者

※ただし、上記の制度を希望する場合は、9割以上の出席率・9割以上の宿題、課題の提出率を満たすことを条件とします。
※事務手数料として、20,000円ならびに後援会費、学生会費、安全管理費を徴収します。また、授業に必要な法令集等教材の実費は別途徴収します。