第7回 19才のプレゼンテーション

8/21(火)、太閤園3階ダイヤモンドホールにて、
大阪府専修学校各種学校連合会主催~第7回 19才のプレゼンテーション~が開催されました。
開催趣旨としては、専門学校に入学したきっかけや、学んでいる事、自分自身の成長、将来の夢を発表し、高校生・高校教員に職業人として活躍するために、専門学校で学ぶことの意義を伝える、というものです。

審査員として、スキージャンプ選手兼監督の葛西紀明氏がご参加してくださり、『夢は努力でかなえる』をテーマに講演をしてくださいました。
オリンピック8回出場に至るまでの経緯や裏話、今後の目標など、学生のみならず私たちも刺激を受けるような貴重な講演でした。

会場の熱意も冷めないうちに、学生のプレゼンテーションが始まりました。
大阪府内の様々な分野の専門学校から6名の代表者が選出されていました。
本校からは空間デザイン学科2年 魚奈々さんが発表をしました。

修成建設専門学校に通い、夢に直結する学びができたこと、信頼できる仲間ができたこと、今後の展望について熱く語ってくれました。

「思い立ったらまず行動する」進路に悩んでいる高校生に、影響を与えるプレゼンでした。

終了後、応援に駆けつけた先生方と記念撮影!!

魚さん、お疲れ様でした。
とても貴重な体験ができたのではないでしょうか。
今後の活躍に期待しています!!