町家探偵団の活動!

2017.10.07

町家探偵団の活動をお知らせします。

 

まず1つ目は・・・

昨年度より「大阪府建築士事務所協会」広報まちづくり委員会様と

天保山まちづくり活動の一環として、天保山まつりに向け、

協働で築港天保山都市模型の制作と新たな地域資源を活用したまちづくり提案(卒業制作)

に取り組んできましたが・・・

今年度も引き続き、まちづくりに関わろうとする学生向けに「天保山景観まちづくりセミナー」を

修成堀江ラボにて大阪市立工芸高校の先生1名と生徒4名を交えて開催しました。

今回は、景観まちづくりについての基本講義、

昨年度の築港天保山まちづくり活動を通した卒業制作の取り組み、

その成果の発表とまちづくりについて、

学生と大阪府建築士事務所協会会員様による意見討論会を開催。

今後の活動に期待を寄せる時間となりました。

 

続いて2つ目は・・・

大阪市立大学の学生が「地域資源としての食ブランド構築研究~大阪 Sea 級グルメ開発~」の

レシピメニュー(大阪湾で取れる泉タコを使ったカレーなど)を販売する予定の

大阪港開港150年記念事業「第10回天保山まつり」

販売ブースのデザイン・施工を修成建設専門学校の学生が作成することになりました。

ついては、港区長・大阪市立大学副理事長様らと共に、

要望される店舗デザインのヒアリングのために、レシピ研究発表会に参加しました。

今後は両校の学生が意見を出し合い、

「まちづくりを建築・商学と違う分野から考えていく」こととなる第一歩を踏み出しました。